古川 元久 FURUKAWA MOTOHISA OFFICIAL WEBSITE

古川 元久 FURUKAWA MOTOHISA OFFICIAL WEBSITE

メニュー

めざす社会

吾唯足知

石庭で有名な京都の龍安寺の裏庭に、
丸い石の真ん中が
四角にくりぬかれ、
その四角を口に見立てて
時計回りに
読むと「吾唯足知(われ、ただ、足るを
知る)」と
読めるつくばいがあります。

古来より中国では丸は「天」を、
四角は「地」を表すと言われています。
天と地の間にあるのが私たちの生きる世の中です。
その間に調和のとれた形で並ぶ「吾唯足知」の文字。

私はこの図が「世の中が調和の取れた社会になるために必要なこと。
それは“足るを知る”ことである」ことを示唆していると思います。

世界には、さまざまな対立が存在し、しかもその対立は先鋭化しつつあります。
しかし対立の先に真の解決はありません。
どこかで対立を超えて調和へと進んでいかなければなりません。

この対立を超えて調和へと導く智慧。

私は、その智慧こそが「足るを知る」ことだと思います。
私たちはひとりでは生きてゆけません。
他者の存在があってはじめて私たちは存在できるのです。
そのことに感謝し、他を思いやる気持ちを持つ。
そこに世の中の調和が生まれます。
そのためには、まず自らが「足るを知る」ことが必要です。

私はこの「足るを知る」という智慧を世の中に広げて、
一日も早く調和のとれた社会が実現することを
めざしてまいります。